HOME » インテリアのアクセント照明選びの基礎知識

» モダンインテリアガイド一覧に戻る

インテリアのアクセント

照明選びの基礎知識

デザインだけで選びがちな照明器具。実は知っておきたいことがある。
リビング、ダイニングをもっと快適・機能的にするテクニックを紹介しよう。

Living 編

全体照明と間接照明をうまく使う

リビングは家族団らんの中心であると同時に、読書やいろいろな作業をする機能的スペースでもある。部屋全体の明るさを確保する全体照明と間接照明をうまく使うことで、作業性のアップ、雰囲気作りを成功させたい。

間接照明にはダウンライト、スポットライト、フロアスタンド、テーブルライトなどがある。スポットライトやダウンライトは絵画や置物、観葉植物を効果的に見せることが可能。LED照明なら大切な美術品や植物を傷める心配もない。上手に配置して、インテリアのコーディネイトを引き立たせたい。

また、フロアスタンドやテーブルライトは、全体照明だけでは影になりやすい手元の明るさが欲しいときにも有効。陰影を意識した雰囲気作りにも一役買ってくれる。

全体照明として使うシーリングライトでは、調光機能がある商品がおすすめだ。シーンに合わせて明るさを調整することで、間接照明を生かすことにもつながる。シーリングライトが明るすぎると、せっかくの間接照明も効果が半減してしまう。
全体照明と間接照明
全体照明と間接照明
間接照明の基本レイアウト

日本人は間接照明の使い方が下手だといわれる。その点、海外のホテルに宿泊すると、いくつもの間接照明が効果的に置かれて柔らかな光で部屋を立体的に演出していることに驚かされる。

まず、置いてみたいのはソファサイド。このときに、部屋の中央ではなく隅に近い側に置くのがポイント。存在感が逆に高まってくれる。なお、ソファサイドの明かりは、フロアライト、テーブルライトのどちらでも使える。部屋の雰囲気に合わせて選びたい。

2つめの間接照明として、ソファサイドと対角の位置にフロアライトを置いてみよう。大きめのフロアライトは、部屋全体の照度にも影響するので調光機能があるのも便利だ。

2つ以上の間接照明を使う場合、高さに変化をつけるのもおすすめ。高い照明は部屋の奥行きや広さを感じさせ、低い照明はくつろぎを演出する。また、立体的な陰影がつくことでシーンに合わせたアレンジも楽しめる。

間接照明の基本レイアウト
間接照明の基本レイアウト
間接照明は対角線に配置するのが
基本。
間接照明の基本レイアウト
フロアライトとテーブルライトで
光源の高さを変えてみる。
オススメライト
  • 【シーリングファン】VINTAGE collection(4-lights)

    ヴィンテージテイストの
    シーリングファン照明

  • シーリングスポットライト4灯 SLIDER

    可動式ウッドバー
    4灯シーリングスポットライト

  • 【照明】シーリングライト

    エコと長寿命
    シーリングライト

  • Arco grande chandelier

    美しいアイアン曲線の
    シャンデリア

  • フロアライト

    インダストリアルな
    フロア照明

  • フロアライト

    闇からもれる優しい光
    アジアンフロア照明

  • フロアライト

    ワンランク上の上質空間を
    叶えるフロア照明

  • デスクライト

    小さいながらの存在感を
    放つテーブルライト

Dining 編

ペンダントライトの上手な使い方

最近、ダイニングルームの照明で人気が高いのが、ペンダントライト。特に複数のペンダントを使うケースが増えている。

複数のペンダントライトを設置するには、簡易ダクトレールが便利。部屋の雰囲気を損なうことなく、きれいに照明を下げることができる。天井備え付けの引掛けシーリングがあれば誰でも簡単に取り付けが可能だ。

ペンダントライトの設置で注意したいのは、テーブルからの高さ。照明自体の明るさにもよるが、60~80cmと覚えておきたい。また、シェードの大きいタイプはあまり低い位置に設置すると圧迫感がある。逆に高すぎると電球が直接視界に入ることも。天井の高さ、ダイニングテーブルのサイズなどを考慮しながらじっくりと検討したい。
ペンダントライトの高さ
ペンダントライトの高さは、ダイニングテーブルから60~80cmが基本。
オススメライト
  • VINTAGE Collection ペンダントライト/エジソンランプ

    エジソンバルブのフィラメントが
    美しいペンダントライト

  • 多灯ペンダントライト

    レトロモダンな雰囲気を
    演出する多灯ペンダント照明

  • ペンダントライト

    バンブー素材を使用した
    アジアンペンダントライト

  • Maestro chanderier clear

    上品でラグジュアリーな
    シャンデリア

Point

電球の種類とトータルの明るさ

電球には白熱灯、蛍光灯、LEDが選べる。照明によっては互換性がなく、LED専用などの商品もあるので、購入の際に確認しておくことが必要だ。

電球は寿命や価格、消費電力などの違いがあるが、重要なのは光の色。
特にダイニングルームでは、食事やテーブルを囲む人の顔の色が変わるので、しっかりと検討したい。

一般的に白熱球は暖かみのあるオレンジ系の光が特徴で、安らぎを感じさせてくれる。影が強く出るクリア球と影を弱くするフロスト球がある。それに対して蛍光ランプは、白が強く活動的でいきいきしたイメージ。こちらにも数種類の色があるので、好みで選びたい。

近年、人気が高いのがLED。圧倒的に寿命が長い上に消費電力も少ない。白熱球に近い暖かさを感じる商品も発売されて選択肢が広がっている。

電球型蛍光ランプ(W) 白熱電球(W) LED(lm)
~8畳 48~64W 240-320W 3300-4300lm
~10畳 64~80W 320-400W 3900-4900lm
~12畳 80~100W 400-500W 4500-5500lm
~14畳 100~120W 500-600W 5100-6100lm
電球の種類とトータルの明るさ
電球の種類とトータルの明るさ

Shop Information店舗情報

南町田本店

クラスティーナインターファニチャー
南町田本店

東京都町田市鶴間8-11-12

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

目黒店

クラスティーナインターファニチャー
目黒店

東京都目黒区碑文谷2-21-6

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

横浜ワールドポーターズ店

クラスティーナインターファニチャー
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00

地図をGoogleMapで見る

小田原ダイナシティ店

クラスティーナインターファニチャー
小田原ダイナシティ店

神奈川県小田原市中里 208
小田原ダイナシティウエスト2F

OPEN:10:00-20:00

地図をGoogleMapで見る

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)横浜ワールドポーターズ店

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00

地図をGoogleMapで見る

ページトップヘ