» モダンコラム一覧に戻る

食欲の秋を楽しむ!食べても太らないためのコツとは?

2021年11月03日(水)

食欲の秋を楽しむ!食べても太らないためのコツとは?

「食欲の秋」は、おいしい旬の食材がたくさんあるので、ついつい食べ過ぎてしまいがち。
ですが、おいしいものをたくさん食べると、どうしても体重が気になってしまいますよね。
秋の味覚を楽しみながらも太らないようにするには、いったいどうしたら良いのでしょうか?
今回は、秋の味覚を太らずに満喫するための方法をご紹介します。

ヘルシーな方法で調理!

ヘルシーな方法で調理!

秋の食材として代表的なものと言えば、「秋刀魚」「きのこ類」「さつまいも」「栗」などがあります。
これらの食材は、和食に取り入れやすいものばかりです。洋食は脂っぽくカロリーが高いものが多いので、和食を中心としたメニューにするのがお勧めです。
調理の際はあまり油を使わず、網焼きにしたり煮込んだりすることでカロリーを抑えることができますよ。

食べ方を工夫して食べ過ぎを防止

食べ方を工夫して食べ過ぎを防止

秋になるとつい食べ過ぎてしまう原因は、

・夏が終わることで暑さから開放されて食欲が旺盛になる
・気温の低下によって基礎代謝が上がり、エネルギー消費量が多くなる

など、いくつかの要因があります。

効果的な対策としては、食事の食べ方に工夫をして、食欲を抑えることが挙げられます。
お腹が空いていると、どうしても食べるペースが早くなってしまいますよね。

しかし、あまりにも早いペースで食事を進めると、つい食べ過ぎてしまう傾向があります。血糖値の上昇を感知する満腹中枢の感知が追いつかず、なかなか満足感を得られないためです。
予防のためには、食事の初めに野菜を食べる方法が効果を発揮します。
初めに野菜を食べることで、食物繊維が胃の中で水分を含んで膨張し、満腹感を与えてくれるのです。
また、食物繊維には血糖値の急激な上昇を抑え、脂肪が余分に作られるのを押さえてくれる効果もあるため、太りやすいこの時期は特に摂取したい栄養素です。

食事の時間帯に注意

食事の時間帯に注意

秋になると日が沈むのが早くなり、秋の夜長を楽しむことができるようになります。
夕方から夜にかけて趣味などに没頭していると、つい夕食の時間が遅くなってしまうことも。
しかし、遅い時間に食事をとることは、身体を太らせる原因になります。
摂取したエネルギーを消費する間もなく眠ってしまうことで、余ったエネルギーを脂肪としてため込んでしまうのです。
最低でも、寝る3時間前までには夕食を済ませておくようにしましょう。
睡眠中は消化が悪くなってしまうため、しっかりと食べ物を消化させるための時間をとってから眠ることが大切です。

毎日規則正しい生活を送れば、おのずと決まった時間にお腹が空くようになってきます。
早寝早起きを心掛け、できるだけ食事の時間を統一できるようにしていきましょう。



「食欲の秋」や「味覚の秋」と呼ばれる秋の旬の食材を心行くまで楽しむには、調理方法や食べ方を意識してあげることが重要です。
「太ってしまうかも……」なんて心配せずに食事を満喫できるよう、太りづらい食事習慣を身につけていってくださいね。

関連コラム

Shop Information店舗情報

南町田本店

クラスティーナインターファニチャー
南町田本店

東京都町田市鶴間8-11-12

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

新作家具が続々入荷!!

目黒店

クラスティーナインターファニチャー
目黒店

東京都目黒区碑文谷2-21-6

OPEN:10:30-19:30
定休日:水・木(祝日は休まず営業)

地図をGoogleMapで見る

目黒店でしか見れないソファーがあります!!

横浜ワールドポーターズ店

クラスティーナインターファニチャー
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00

地図をGoogleMapで見る

展示スペースが広くなりました!!

小田原ダイナシティ店

クラスティーナインターファニチャー
小田原ダイナシティ店

神奈川県小田原市中里 208
小田原ダイナシティウエスト2F

OPEN:10:00-20:00

地図をGoogleMapで見る

新しいインテリア雑貨が入荷!!

ページトップヘ