» モダンコラム一覧に戻る

愛着のあるタオルケットを蘇らせるリメイクテクニック!

2021年08月27日(金)

愛着のあるタオルケットを蘇らせるリメイクテクニック!

夏場に使用する機会の多いタオルケット。特に小さい子供がいるご家庭では、タオルケットの柄や素材感がお気に入りで長い間使っていることもあるでしょう。
でも長く使用したタオルケットは穴が空いたり、くたびれてしまうこともありますよね。
愛着のあるタオルケットを捨ててしまうのも気が引けるもの。そんな時におススメなのがタオルケットのリメイクです。

タオルケットには、材質や特性を生かして他のものとして活用できるリメイク法がいくつもあります。
今回は、愛着のあるタオルケットを捨てずに再利用できるリメイク方法についてご紹介します。

タオルケットの吸水性を活かす!

タオルケットの吸水性を活かす!

タオルケットは“タオル”と付いている通り、吸水性に優れた材質でできています。その吸水性を活用しない手はありません!水回りの備品として利用するのはいかがでしょう。
浴室前に置くバスマットやキッチンマットとしても効果が高いはず。

また赤ちゃんがいる家庭にうってつけの使い方があります。
それはタオルケットに肩紐を縫い付け、首に掛けられるようにするとベビー用のバスエプロンに早変わり!お風呂上がりの赤ちゃんを抱きつつ、身体を拭くことができますよ。

弾力性に注目してさまざまなカバーとして利用

弾力性に注目してさまざまなカバーとして利用

タオルケットの肌触りが好みなら、クッションなどのカバーに利用してはいかがでしょう。

クッションだけではなく、枕・座布団・車の座席カバーとしてリメイクするのもオススメです。カバーとして利用するには、それほど大きな面積を必要としません。
タオルケットの大きさにもよりますが、キッチンマットなどを作成した後の残り部分を利用しても良いかもしれません。

余った生地をお掃除道具としても活用できる!

余った生地をお掃除道具としても活用できる!

タオルケットは、ホコリや髪の毛などを吸着しやすい素材でもあります。その効果を活かして、お掃除道具として利用するのも良いでしょう。
先にご紹介したリメイクで余った端材を使って雑巾や、お手持ちのモップやワイパーなどに取り付けて利用することもオススメです。

縫物が苦手な方にはこんな利用法も

縫物が苦手な方にはこんなリメイク法も

ここまでご紹介してきたリメイク法は、縫物が必要になりますが、中には縫物が苦手な方もいることでしょう。
そうした方に向けた簡単な利用法もあります。
例えば犬などペットがいる家庭では、ペット用の布団にしたり、ピクニックに出かけた際のレジャーシート代わりに使用したりできます。
またテレビやパソコンといった電子機器にかぶせてホコリから守ることにも使えます。



いかがでしたか?タオルケットの素材感と特製を生かしたリメイク方法でした。

タオルケットはお布団や毛布と同じで長く使う方が多く、取り換えるタイミングはなかなか難しいかもしれませんが、今回ご紹介したリメイクによる再利用をすることで、新しいタオルケットに切り替えるきっかけにしてもらうのはいかがでしょうか。

関連コラム

Shop Information店舗情報

南町田本店

クラスティーナインターファニチャー
南町田本店

東京都町田市鶴間8-11-12

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

新作家具が続々入荷!!

目黒店

クラスティーナインターファニチャー
目黒店

東京都目黒区碑文谷2-21-6

OPEN:10:30-19:30
定休日:水・木(祝日は休まず営業)

地図をGoogleMapで見る

目黒店でしか見れないソファーがあります!!

横浜ワールドポーターズ店

クラスティーナインターファニチャー
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00
※5/12(水)~当面の間
営業時間 10:30~20:00

地図をGoogleMapで見る

展示スペースが広くなりました!!

小田原ダイナシティ店

クラスティーナインターファニチャー
小田原ダイナシティ店

神奈川県小田原市中里 208
小田原ダイナシティウエスト2F

OPEN:10:00-20:00

地図をGoogleMapで見る

新しいインテリア雑貨が入荷!!

ページトップヘ