» モダンインテリアガイド一覧に戻る

vol.3 収納家具編

収納家具は、容量・扉のタイプ・テーストなど、見た目だけでなく
強度や操作性もよく確認しておきましょう。

事前の測定は必要事項!
幅木や下がり天井が盲点に

「買ってみたらおさまらなかった!」では困るので、事前の寸法チェックは忘れずに。 その時意外と見落としがちなのは、壁の下部にある幅木や天井の下がり部分、床のドアストッパーなどです。 特にへこみ部分に家具を収めるときには、幅木寸法を引いてはかっておくと安心です。

20%余裕がの残る容量と
内容物に合わせたタイプを選ぶ

一般的に荷物の量は、生活していくと次第に増えていきがちです。 このことを見越して、収納家具は現在の荷物をおさめても、20%程度余裕があるサイズを選んでおくと安心です。 また、収納タイプは内容物に合わせて選ぶのが◎。例えばDVDやCDを収納する場合は、タイトルをひと目で見渡せる引き出しタイプが最適です。

引き出しタイプ収納家具はこちら

扉のタイプはさまざま。
設置場所と内容物のサイズが鍵

収納家具の扉には開き戸や引き戸、折れ戸などがあります。
収納の内容や場所を考慮して、扉を使いわけましょう。

  • 開き戸

    開き戸
    狭い間口でも、ものの出し入れが簡単。扉が前に出てくるの、家具の前に扉が十分に開くためのスペースが必要になります

  • 折れ戸

    折れ戸
    大きなものの出し入れが容易ですが、折りシロ部分があるのに注意。戸が折れる分、家具の前のスペースが少なくて済むのがメリット。

  • 引き戸

    引き戸
    前面に開閉場所があまり取れない場合に◎。扉を開けても邪魔にならないので、細かい動作の多いキッチンの食器棚などに有効です。

耐久性と操作性に優れているか
底板、レールなどの各部を確認

店頭では扉のがたつきや扉同士のすき間がないかなどの確認を。
ものを入れすぎていつの間にか重くなりがちな引き出しは、底板がしっかりしているか、スライドレールで開閉しやすいか、ストッパーがあるかなどを見ます。閉めたときの音も意外と気になるものなので、少しの力でゆっくりと閉じる機能(ソフトクロージング)があると便利。

表面の加工やパーツの形も
部屋のテーストに影響大

家具は仕上げ方法によって印象が大きく変わります。 例えばモダンに見える鏡面仕上げや、ナチュラル感が強い木目調などですが、木目の家具でも継ぎの部分が平坦だと上品で高級感があります。
また、扉や取っ手のデザインにも注目。モダンに見せたいならフラットな扉や、取っ手のないつめ掛けタイプやバータイプを選びましょう。

Shop Information店舗情報

南町田本店

クラスティーナインターファニチャー
南町田本店

東京都町田市鶴間8-11-12

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

目黒店

クラスティーナインターファニチャー
目黒店

東京都目黒区碑文谷2-21-6

OPEN:10:30-19:30
定休日:水・木

地図をGoogleMapで見る

横浜ワールドポーターズ店

クラスティーナインターファニチャー
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00

地図をGoogleMapで見る

小田原ダイナシティ店

クラスティーナインターファニチャー
小田原ダイナシティ店

神奈川県小田原市中里 208
小田原ダイナシティウエスト2F

OPEN:10:00-20:00

地図をGoogleMapで見る

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)横浜ワールドポーターズ店

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

※2018年8月26日をもちまして閉店させていただきました。
http://www.quiet-hours.jp/

ページトップヘ