» モダンインテリアガイド一覧に戻る

「買ってよかった」と思うベッドとは?

「ベッドが欲しい。けれど商品の数が多すぎて、どれを選んだらいいのか分からない!」

このように、たくさんの選択肢を前に混乱した経験はありませんか?
無数の選択肢に悩んだ時は、一度選択肢をぜんぶ忘れて、
自分が本当にほしいポイントをしっかり見つめなおすことが大切です。
そのポイント、しっかりつかめていますか?

・寝心地
・ベッドフレームのデザイン
・収納やベッドメイクのしやすさ
・ライフスタイルとの相性
・部屋のレイアウトとの相性

一般的に、上記5つの満足度が高いほど、「このベッドを買ってよかった!」と思いやすくなると言われています。

しかし当然「寝ていると腰が痛い(マットレスが合わない)」「フレームがきしんでうるさい」など致命的な不満があれば、
睡眠に支障をきたしてしまうこともありますよね…。
このページでは、上記ポイントを抑えつつ、もっとも重要な「寝心地」にフォーカスをあて、長く愛用できるベッドの選び方を紹介します。
サイズ・フレーム・マットレスの順にみていくことがコツですよ。

アンダーライン

ベッドサイズを選ぶ時のポイント~ライフスタイルと間取りに注目~

ベッドの一般的なサイズは、以下のとおりです。

一人用:セミシングル、シングル、セミダブル
二人用:ダブル、ワイドダブル、クイーン、キング

《ベッドサイズを選ぶ時のポイント》
・ベッド幅は、寝る人の肩幅+30センチ以上のものを選ぶ
快眠できるベッドの第一条件は、「寝返りをうちやすいこと」。
ベッド中央に仰向けになった時、左右に20センチほどの余裕があれば、腕をゆったりと伸ばして眠れます。寝返りもスムーズです。

・ベッドサイズは間取りとのバランスも考えて
ベッドサイズは、就寝時に窮屈でなく、かつベッド周りのスペースを確保できる大きさにすることをおすすめします。
ベッド周りが狭いと、ベッドに入る時や、ベッドメイキングの時に不便だからです。
まずは部屋の間取り図を描き、足元側、ベッド脇ともに60センチ以上の余裕を作れるベッドサイズを確認してみましょう。

《一人用ベッド×2にする? 二人用ベッドにする?》
また、夫婦のベッド選びでは、「寝具を共有するかどうか」が焦点になります。
二人でダブル~キングサイズベッドを共有するのであれば、以下のポイントをチェックしてみましょう。

・起床時間、就寝時間が合っているか
・どちらも暑がりなど、体質が合っているか
・寝相はひどくないか
・相手のいびきは気にならないか
・体格差、体重差がありすぎないか
・片方が風邪などの感染症にかかった時、別の就寝スペースをつくれるか

ライフスタイルや体質の違いがあると、結局は寝具を分けなければならなくなる可能性が高いため、注意が必要です。

ダブルベッド一覧はこちら

アンダーライン

フレームを選ぶ時のポイント~デザインと収納力に注目~

「部屋に搬入できるサイズかどうか」を念頭に置きつつ、フレームのデザインも自分好みなものを楽しみながら選んでみましょう。
なお、次の2つのポイントに注目すると、自分にぴったりのベッドがより見つかりやすくなります。

《どこを重視する? ヘッドフレーム選び》
枕側にあるヘッドボードは、ベッドエリアの機能性やデザイン性を左右する大切なファクター。
以下の3つから、自分が重視する機能をそなえたものを選んでみましょう。

キャビネットタイプ:本やスマホを収納できる。照明付きなら、スタンドいらず。実用性重視
フラットタイプ:インテリアに合わせたデザインが楽しめる。デザイン重視
クッションタイプ:ベッドに背もたれがほしい人におすすめ。快適性重視

《ベッド下のスペースをどう使う?》
ベッド下のスペースに機能性をもたせたい人は、引き出し付きのベッドや、ガス圧式収納ベッドがおすすめです。

中でもガス圧式収納ベッドは、引き出しをひっぱりだすスペースがいらないことや、押し入れの代わりになることから、
「うちは収納スペースが少なくて…」とお悩みの方に人気です。縦開きと横開きのタイプがあるので、置き場所にあわせて選びましょう。

収納場所つきのベッド

アンダーライン

マットレスを選ぶ時のポイント~体格に注目~

意識のない人間を抱きかかえるには、相当な力が必要ですよね。
それと同じように、就寝中の人体の背面(肩・背中・腰など)にも、かなりの負荷がかかっています。
この負荷を吸収・軽減し、疲労感をやわらげてくれるのがマットレスです。

マットレスには、大きく分けて3つのタイプがあります。

・ボンネルコイルマットレス
「面」状につながったスプリングが体を支える、弾力のあるマットレス。通気性に優れる。

・ポケットコイルマットレス
独立した無数のスプリングが「点」で体を支える、フィット感のあるマットレス。
寝返りによる振動が起こりにくい。

・ノンコイルマットレス
スプリングの入っていないマットレス。ウレタンベッド、エアーベッド、ウォーターベッドなどが該当する。
ふとんに慣れている人に好まれやすい。

マットレスは、体格や体質によって感じ方が異なります。
一概に「どれがいい」とは言えないため、マットレスを選ぶ時は販売店に行き、寝心地を直に確かめることが大切です。

スプリングの種類

アンダーライン

おわりに

長く愛用できるベッドの選び方を、サイズ・フレーム・マットレスの項目に分けてご紹介しました。
人生の3分の1は睡眠!ぜひ充実した快眠ライフを手に入れてください。

なお、理想のベッドのイメージが固まったら、必ずショールームで確認するようにしましょう。
寝返りを打ちやすい広さか、ベッドフレームが軋んだり揺れたりしないかなど、実際の使用感をチェックします。

ちなみに部屋の間取り図や写真を持って行けば、店頭スタッフからサイズ・デザインについてアドバイスを受けることも可能です。
「せっかく買ったのに部屋に搬入できなかった」というトラブルの回避にもつながるので、部屋と搬入経路の寸法は事前に調べておくとスムーズですよ!

Shop Information店舗情報

南町田本店

クラスティーナインターファニチャー
南町田本店

東京都町田市鶴間8-11-12

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

目黒店

クラスティーナインターファニチャー
目黒店

東京都目黒区碑文谷2-21-6

OPEN:10:30-19:30
定休日:水・木

地図をGoogleMapで見る

横浜ワールドポーターズ店

クラスティーナインターファニチャー
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00

地図をGoogleMapで見る

小田原ダイナシティ店

クラスティーナインターファニチャー
小田原ダイナシティ店

神奈川県小田原市中里 208
小田原ダイナシティウエスト2F

OPEN:10:00-20:00

地図をGoogleMapで見る

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)横浜ワールドポーターズ店

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

※2018年8月26日をもちまして閉店させていただきました。
http://www.quiet-hours.jp/

ページトップヘ