» モダンインテリアガイド一覧に戻る

テレビ台のレイアウト

テレビ台のレイアウト

TV BOARD LAYOUT

リビングに欠かせないTV。
最近の大型テレビに対応した幅の広いテレビ台のレイアウトで困った経験はありませんか?
レイアウトパターン別のメリットデメリットをご紹介します。

テレビ台と窓が直角の場合

テレビ台のレイアウト

一番多いレイアウト。
窓の前に家具がないのでとてもすっきりと見える配置です。
ベランダへの動線もスムーズにとれているのもポイント。
ただし、テレビ台とソファーの距離がしっかり取れていることが前提となります。
その間にリビングテーブルも置きたいとなると、それぞれの家具のサイズ(奥行)
によって家具間の距離がとれずに生活動線に影響してしまうこともあります。
特にテレビ台は収納の出し入れがあるので、余裕をもった距離が必要となります。

窓の反対側にテレビ台がある場合

テレビ台のレイアウト

隣接する部屋がリビングにあり、広く使用できる壁面が少ない時にこのような配置になります。
掃出し窓の時は窓をソファーで塞いでしまうのでオススメはしませんが、腰高窓の時は窓下の壁面を活かせる配置です。
この場合、窓の景色や光がテレビに反射するので、昼間はカーテンで遮る工夫が必要になります。

窓に背を向けてテレビ台がある場合

テレビ台のレイアウト

上のレイアウトのテレビ台とソファーが逆のパターンです。
ソファーに座った時に外の景色を楽しめるメリットがあります。
ですが、逆光になるので昼間はテレビが見えにくくなってしまうことも。
この場合も光の入りにくいカーテンを選ぶことをオススメします。
また結露する可能性もあるので窓と家具の距離を少しあけて配置をしてください。

リビングにTVをレイアウトするときの注意点

電源コンセントとテレビコンセントの位置を確認する
テレビコンセントの位置次第で家具の配置が決まってきます。
ケーブルを伸ばして置きたいところに配置するのも良いですが、ケーブルが見えてしまって見た目があまり良くありません。
家具を搬入する前にしっかりコンセント位置を確認してください。

通路スペースを確保する
家具を置いた後に、快適な生活が出来るかを想定してみましょう。
リビングに置くメイン家具はソファー・テレビ台・リビングテーブル。
それぞれのサイズを把握しながら、家具と家具の間にどれくらいスペースがとれるのか、テレビ台においては収納スペースからの物の出し入れをした時まで想定しておく必要があります。

いかがでしたでしょうか。 テレビ台の位置によって、生活にどのように影響するのかが変わってきます。 新築の場合は家具配置を想定してコンセントや窓の位置を決め、 マンションの場合は引っ越し前に必ず確認してから家具選びをしましょう。
次回は、テレビ台周りの家具動線についてご紹介します。

Shop Information店舗情報

南町田本店

クラスティーナインターファニチャー
南町田本店

東京都町田市鶴間8-11-12

OPEN:10:30-19:30

地図をGoogleMapで見る

目黒店

クラスティーナインターファニチャー
目黒店

東京都目黒区碑文谷2-21-6

OPEN:10:30-19:30
定休日:水・木
※3/21(木祝)営業、3/22(金)振休

地図をGoogleMapで見る

横浜ワールドポーターズ店

クラスティーナインターファニチャー
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

OPEN:10:30-21:00

地図をGoogleMapで見る

小田原ダイナシティ店

クラスティーナインターファニチャー
小田原ダイナシティ店

神奈川県小田原市中里 208
小田原ダイナシティウエスト2F

OPEN:10:00-20:00

地図をGoogleMapで見る

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)横浜ワールドポーターズ店

クワイエットアワーズ(アジアンモダン)
横浜ワールドポーターズ店

神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ4F

※2018年8月26日をもちまして閉店させていただきました。
http://www.quiet-hours.jp/

ページトップヘ